しわやたるみを予防するには正しい洗顔を

日頃から、スキンケアを丁寧に施すことで、しわやたるみのないお肌でいられます。たるみや、しわの目立たないお肌になるためには、お肌にいいものを積極的にメニューに組み入れたり、お肌のマッサージをすることです。真冬でも、天候の悪い日でも、紫外線は地表に降り注いでいますので、きちんと対策を講じるようにします。昔は、少しくらいは日焼けしたほうが好ましいという風潮でしたが、現在では紫外線は防ぐべきものです。紫外線は肌に悪影響を及ぼすものであり、いろいろな肌トラブルの原因になってしまうものです。お肌に紫外線を受けると、そのせいで色素沈着が起きたり、肌の水分が失われてしまうからです。スキンケアによって、お肌からなくなっていく水分を補給してあげることで、紫外線の肌への影響を軽減することが可能です。クレンジング剤を使って顔を洗う時には、汚れが浮き上がってくるように、皮膚の上にそっとクレンジングの泡を乗せます。汚れを手でこすり出すのではなく、顔の隅々まで乗せた泡で汚れが自然に溶け出してくるように、軽く伸ばしていきます。38度以上の熱いお湯を使って顔を洗うと、皮膚に残して起きたい肌本来の油分まで流出してしまうので、ぬるま湯で洗うようにします。洗顔後はコットンに取った化粧水を顔全体に優しくパッティングし、なるべく早く乳液で保湿しましょう。紫外線の影響で乾燥しているお肌でも、正しい洗顔とスキンケアを行うことで、皮膚に必要な水分を補ってあげることが可能になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です